タイトル

持っていても損はない通貨

海外旅行や資産運用等で色々な通貨を保有している人も少なくないかと思います。
海外旅行先では日本円も使用できる国や地域もありますが、本当にそのレートで合っているか、計算ミスされていないか等不安になる為、予め日本で両替、空港で両替する人が大半だと思います。
しかし、日本では扱っていない通貨もたくさんあります。
それは、簡単に言うと日本という国で需要がある通貨かどうかという点で問題があるからです。
例えば米ドル。
これは万国使えるというわけではありませんが、ほぼ使えるといっても過言ではありません。
一時は暴落しましたが、早い段階で持ち直して今は持っていても損はないレートになっています。
一方、ペソや台湾ドル等、その地域特有の通貨は、そこでしか需要が無いので、現地での両替しかできません。
また、両替をする際は必ず手数料というものがかかり、それは両替する場所で少しずつ異なります。
日本でも銀行や空港の窓口によって1円単位ではありますが異なりますので、手数料が安いところでの両替がおすすめです。
現地での両替の場合は、窓口に現時点でのレートと手数料が記載されていますが、あまりに手数料が安いところだと、危険な場合もあるので注意が必要。
頻繁に旅行へでかける、またそこへ行くのであれば持っておけばそれなりにお得になる場合もあるので、余ったら日本円への逆両替をせず持っておくのも良いかと思います。

通貨の基礎知識

通貨とは、お金を示す経済用語です。
各種の取引を行うときに用いられ、その価値は国家によって保証されています。
米ドルのように自国内だけでなく国際的に広く流通しているものもあります。
現在、流通している通貨は172種類あるといわれており、ユーロ圏の国々の中にはユーロと自国のものを併用しているところもあります。
また政府が発行したものではなく、特定の地域だけで流通するものや、ゲームなどの中でのみ使われる特殊なものも存在します。
外国のお金どうしは換金率が決められ、これを為替レートといい、変動相場制が採用されています。
国の経済力や信用力によって変動するので、急落して通貨危機が起こることもあり、2008年に経済破綻したジンバブエでは、一時は1ドルが100万ジンバブエ・ドルという事態になりました。
ジンバブエの場合は各国からの経済制裁が混乱のきっかけで、こうした政治情勢も為替レートに影響を与えます。
金融商品として為替は世界中で取引されており、海外で危機が起こったとしても、投資家に波及して経済に影響が出ることが多くなりました。
経済のグローバル化が進み、各国の通貨がより密接に影響しあうようになった結果といえるでしょう。

おすすめWEBサイト

マンションで買取をお考えの方はご相談ください

マンションの買取を探す

福岡で事務所をお探しなら、賃貸オフィスを専門的に取り扱っている会社をおすすめします。

福岡 事務所

ロレックスデイトジャストの強化買取を行っており、高額での買い取りが可能です。

ロレックスデイトジャストの買取

Last update:2019/2/4